Logo

Environment 環境

廃棄物削減

廃棄物削減

Theme thumb 2019 p66 pic1

Theme thumb 2019 p66 pic3

Theme thumb p83 pic

日本において最終処分場の残余年数は約20.5年(2016年度末現在)とされています。今後、埋め立て量に関する規制強化が行われ、埋立て量の上限枠または埋立て不可となるリスクの可能性があります。国内連結会社の埋め立て量分全てを高度処理による有効利用にした場合、処理費用として約15億円以上の費用が発生する可能性があります。このようなリスクを軽減・回避するとともに最終処分場の残余年数を長くすることに貢献するため、廃棄物の発生抑制、発生した廃棄物の有効活用の両面から、廃棄物の埋め立て量の削減を進めています。

廃棄物の有効利用

法規制の遵守

廃棄物の保管・管理(表示、分別など)、自社処分の適切な対応、委託(契約書、マニフェスト)など廃棄物の処理に関する法令違反、罰則金の発生はありません。

廃棄物の有効利用率の目標

有効利用率は2020年度の目標を設定し、廃棄物の有効利用に取り組んでいます。

有効利用の進捗

こちらの表は横にスクロールしてご覧いただけます。
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度目標
国内 98.3% 98.3% 98.4% 99%以上
海外 89.1% 89.6% 88.5% 95%以上

廃棄物の削減・有効利用の状況

廃棄物には、紙の製造段階で発生する製紙スラッジ、加工工程で発生する端材、燃料燃焼時に発生する焼却灰などがあります。これらの廃棄物は、無害化など適切な処理を行い、有効利用しています。
国内では主に焼却灰をセメントや路盤材の原料として利用しています。海外では製紙スラッジの肥料化などを行っています。今後、廃棄物発生量の削減とともに、有効利用のさらなる拡大に努めます。

廃棄物の削減・有効利用の状況
廃棄物発生量と有効利用率
最終処分(埋立)量と原単位