Logo

Society 社会

健康経営

健康経営

王子グループでは、経営の最優先・最重要課題である「安全・環境・コンプライアンス」への取り組みの一つとして、健康経営に取り組んでいます。

王子グループ健康宣言

王子グループは、「企業の力の源泉は人材にあり」という大原則の下、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、活き活きと能力を発揮できることがグループの成長につながると考えております。
これからも、グループで働くすべての従業員の健康の確保と安全で快適な職場環境づくりに努め、持続的に成長し社会に貢献できる企業グループを目指します。

2020年10月
王子ホールディングス株式会社
代表取締役社長 グループCEO
加来 正年

王子グループが健康経営で抱える課題

  • 従業員の生活習慣病リスク
  • 過重労働による疾病リスク
  • メンタルヘルスによる休務者の発生

数値目標・および実績

健康診断受診率:100%(目標)

各年度実績(王子HD・王子MO)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
95.6% 91.1% 93.0% 99.8%

ストレスチェック受検率:100%(目標)

各年度実績(王子HD・王子MO)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
89.0% 94.7% 94.9% 97.7%

健康経営の取り組み(事例紹介等)

定期健康診断

年1回以上の定期健康診断(法定検査項目)を確実に実施し、さらに主要会社では、35歳以上の生活習慣病検診(総コレステロール、尿酸、眼底、腫瘍マーカー、乳・子宮がん検査)、VDT検診等を健康保険組合と共同して実施しています。検査結果については産業医とも連携し、不調の早期発見・治療に繋げるきめ細かなフォローを行っています。

健康相談窓口

従業員と家族の健康面、職場内の人間関係等のメンタル面を含めた様々な相談を、医師・カウンセラーから電話・WEBでアドバイスを受けられるグループ健康相談室を設けています。
その他、希望者には事前予約により、専門カウンセラーとの直接面談ができる体制も国内全域で整えており、従業員の相談内容に応じた幅広いフォローを行っています。

ストレスチェック

法律に則り、年1回の確実な実施を行い、高ストレス者には、社外の委託先である実施事務従事者より、個別に医師の面接指導の推奨を行っています。
また、実施結果については、各社、各部門責任者および実施事務従事者を集めた報告セミナー等を通じ、組織分析のフィードバック、職場環境改善への働きかけを行っています。

海外駐在員への赴任前予防接種

感染症リスクの高い任地に赴任する駐在員と帯同家族には、厚生労働省が渡航先に応じて推薦する予防接種(A・B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎、ポリオ、黄熱、麻疹・風疹、腸チフス)の受診を推奨し、赴任後の感染を未然に防いでいます。

王子グループ健康経営推進体制

王子グループは、2020年10月に王子グループ健康宣言を制定し、最高健康責任者(グループCEO)のもと、従業員の健康の確保に取り組んでいます。
会社と王子グループの各健康保険組合・労働組合、各事業所の産業医が連携し、健康増進活動を推進しております。