Logo

Society 社会

管理体制

管理体制

グループ安全衛生管理規程

王子グループの安全衛生管理体制はグループ従業員ならびに協力会社・臨時入構業者の労働災害の防止と健康の保持促進を図るため、安全衛生に関する責任体制を明確化し、グループ安全衛生管理規定において基本事項を定めています。

基本事項

  • グループ安全衛生推進計画
  • グループ各社への安全衛生業務の連絡、指導および管理、労働災害発生時の報告
  • 国内・海外事業場の安全衛生管理業務

国内外事業場において、責任と権限を有する事業場長が安全衛生の責任者として、安全衛生に関する業務を統括管理し、安全衛生管理体制を確立しています。国内においては労働安全衛生法に規定の規模・業種に関わらず、事業場を統括管理する工場長・事業所長等を総括安全衛生管理者に選任しています。

王子グループの安全衛生管理体制図
王子グループの安全衛生管理体制図

安全衛生方針・目標

王子グループは「安全・環境・コンプライアンスが最優先」の方針の下、労働安全衛生について、王子グループ企業行動憲章や行動規範に定めています。グループ従業員一人ひとりが責任を認識して実践・遵守し、労働者の安全と健康の確保、快適な職場環境の形成の促進、より良い職場安全風土の構築など、王子グループで働く仲間が、安全な環境で安心して働くことができる企業であるよう、取り組んでいます。

グループ安全衛生推進計画

王子グループでは毎年、グループ安全衛生推進計画を策定し、グループ各社は、グループ安全衛生推進計画に基づき、各社・各事業場の安全衛生推進計画と具体的な活動計画を策定し、グループ従業員だけでなく、協力会社や臨時入構業者が一体となって、労働災害撲滅を目指した活動を推進しています。
2019年はグループ全体での休業1日以上の労働災害発生件数は減少とはならず、死亡労働災害の撲滅もできていません。グループ全事業場への危険擬似体験装置VR(仮想現実:バーチャルリアリティ)による危険体感教育の展開などによる、従業員一人ひとりの危険に対する感受性や安全意識の向上など、一歩進んだ安全活動を展開し、より良い職場安全風土を構築する必要があります。従業員本人はもとより、ご家族の平穏な生活を奪う死亡・重篤災害はあってはならないことです。一人ひとりの安全意識を向上させ、労働災害撲滅を目指します。
2020年は以下の基本方針、スローガン、重点施策を掲げ、強い決意のもとに重点目標である死亡・重篤災害ゼロを達成し、繰り返し発生している類似災害に歯止めをかけるべく、グループ全体(協力会社を含む)で取り組んでいます。

基本方針

  • 安全絶対優先の基本理念のもと、王子グループ全体の災害ゼロを目指した活動に邁進する

スローガン

  • 死亡・重篤災害を起こさないために決めた安全ルールを確実に守り守らせること!

重点目標

  • グループ目標:死亡・重篤災害ゼロの達成

重点施策

  • 死亡・重篤災害に対する取り組み
    (要因別の具体的対策:運転中の機械に触れる、墜落・転落、転倒、被液、重機との接触)
  • 職場安全風土の改革
  • 協力会社従業員休業災害防止対策
  • 心身の健康管理および職場衛生環境の改善整備

安全衛生情報発信・労働災害報告

王子ホールディングス安全部は、グループ安全衛生推進計画や安全衛生に関する通達・ガイドラインなどの安全衛生情報や労働災害報告書などをグループに配信しています。
万一、死亡・重篤災害が発生した場合には、グループリスク管理基本規程に報告ルートを定め、速やかに経営層に報告し、的確な管理ができる体制を構築しています。
労働災害(休業1日以上)が発生した事業場には、災害発生後3日以内に休業災害発生報告書(様式1号:速報)を安全部に提出し、王子ホールディングス安全部は基本的な災害発生状況・原因・対策を確認した上で、国内外のグループ会社に配信して、情報共有と類似災害防止の水平展開指示を行なっています。
さらに、労働災害(休業1日以上)が発生した事業場は、災害発生後1か月以内に災害発生状況・原因を詳細に調査・分析し、再発防止対策や水平展開を検討・実施して休業災害発生報告書(様式2号:詳報)を王子ホールディングス安全部へ提出します。王子ホールディングス安全部は有効な災害再発防止対策がとられていることを確認した上で、国内外のグループ会社に配信して、グループ各社・各事業場の類似災害再発防止の参考とするよう指導しています。

従業員の参画

安全衛生委員会・職場安全衛生会議・職場懇談会

国内事業場は、法律に則り、各事業場に安全衛生委員会を設置し、労働災害の防止、健康障害の防止、快適な職場環境の形成、健康の保持増進に関する計画の策定と取り組み状況等の確認と改善について毎月話し合っています。また、安全衛生委員会の設置が義務づけられていない小規模の事業場においても、安全衛生委員会、もしくは、それに準じた安全会議や職場安全衛生会議、職場懇談会等を毎月開催し、多くの従業員から意見を聞く機会を設けるなど、労使一体となった安全衛生活動を展開しています。
海外事業場においても、現地の法令に則り、各事業場に安全衛生委員会の設置や安全衛生管理を推進する他、事業場内に安全衛生に関して従業員の意見を聞く職場安全衛生会議や職場懇談会等を設置しています。

中央労使委員会

グループCEOをはじめとする経営層とグループ各社の労働組合との間で中央労使委員会を年2回開催しています。グループ安全衛生推進計画に基づく安全衛生活動や労働災害発生状況と再発・未然防止の取り組みなどについて情報を共有し、王子グループで働く従業員が「安全絶対優先」できる職場環境、家族が安心できる事業場の構築について討議しています。

労働安全衛生マネジメントシステム

国内グループ会社では、王子製紙、王子マテリア、王子エフテックス、王子ネピアなどの大規模会社と複数の中小規模会社では、厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針(OSHMS指針)」に則した労働安全衛生マネジメントシステムを構築し運用しています。また、その他の国内グループ会社においても「安全衛生方針の表明、労働者の意見の反映、安全衛生目標、安全衛生計画と実施、日常的な点検、改善等」などの労働安全衛生マネジメントシステムに準じた安全衛生活動を展開しています。
海外グループ会社においても、各国の労働安全衛生を所管する組織が推奨する労働安全衛生マネジメントシステムを構築して運用や同等の安全衛生活動を展開しています。
今後、ISO45001(Occupational health and safety management systems)に準拠した活動や認証取得を検討してまいります。

リスクアセスメント

2019年はグループ安全衛生推進計画の重点施策に「災害型別のリスクアセスメント実施による再発防止対策」を掲げ、王子グループ全社で2018年に繰り返し発生した災害を「はさまれ・巻き込まれ」「転倒」「墜落・転落」「激突され」の型別に分類し、リスクアセスメントに取り組み、本質安全化や工学的対策などの繰り返し災害防止に有効な対策を講じることにより、再発防止・類似災害防止に努めています。

2019年リスクアセスメント実績

こちらの表は横にスクロールしてご覧いただけます。
カンパニー分類 産業資材カンパニー 生活消費財カンパニー 機能材カンパニー 資源環境ビジネスカンパニー 印刷情報メディアカンパニー コーポレートマネジメントグループ シェアードサービス会社 王子ホールディングス 総合計
リスクの特定方法
作業手順書に基づくリスクの特定 1,699 54 2,058 393 3,287 109 238 453 8,291
災害事例の水平展開 3,412 49 958 234 1,180 201 408 48 6,490
安全パトロール・監査指摘事項 6,820 57 598 314 363 160 991 118 9,421
その他(ヒヤリハット他) 21,637 288 789 305 10,146 436 742 282 34,625
合計 33,568 448 4,403 1,246 14,976 906 2,379 901 58,827

2020年もグループ安全衛生推進計画の重点施策に「死亡・重篤災害に対する取り組み」を掲げ、王子グループ全社で過去に発生した死亡・重篤災害の要因別分類から、繰り返し発生している要因(運転中の機械に触れる、墜落・転落する、転倒する、被液する、重機との接触)を中心にリスクアセスメントに取り組み、管理監督者が責任を持って、本質安全化や工学的対策などの繰り返し災害防止に有効な具体的対策を講じることにより、再発防止・類似災害防止に努めています。

安全監査・安全パトロール

安全監査・安全パトロール

王子ホールディングス安全部や各カンパニー・各主管会社の安全担当部署は、海外も含めた所管会社・事業場の安全衛生管理レベルの向上を図るために、安全監査・安全パトロールを実施しています。

安全管理特別指導事業場指定制度

王子ホールディングス安全部や各カンパニー・各主管会社の安全担当部署は、「安全管理特別指導事業場指定制度」を設けています。死亡・重篤災害の発生や休業災害が短期間に連続発生する等、安全管理上の改善が必要と認められる会社・事業場を、安全管理特別指導事業場に指定し、再発防止対策だけでなく、安全管理体制、改善計画・活動状況等の点検・指導を行い、安全管理レベルの改善・向上を図っています。王子ホールディングス安全部と各カンパニー・各主管会社の安全担当部署は、情報共有、連携を図り、災害防止に努めています。

災害現場検証

王子ホールディングス安全部や各カンパニー・各主管会社の安全担当部署は、災害が発生した事業場にただちに出向き、発生状況・原因・対策の確認だけでなく、事業場幹部や災害発生職場の管理職と再発防止対策や日頃の安全管理活動についても深掘りした確認と議論を行い、事業場全体の安全管理活動改善、より良い職場安全風土の構築の指導をしています。